2016.03.17 : おうちが出来るまでにやること ~第04話

おうちが出来るまでにやること ~第04話

マイホーム購入後、支払うお金は生活費と住宅ローンだけではありません。
教育費、保険料、車の買い換え、固定資産税や家の修繕費。
旅行に行くなら旅費も必要。子供の成長に伴い生活費増にも。

住宅ローンと右記支出を支払った上で、老後のためにお金を貯めなければなりません。
そうしないと、将来子供に面倒を見てもらうことになるかもしれません。

日々の生活や将来困らないようにマイホーム購入予算を計算するにはキャッシュフロー表を作成することが一番です。
キャッシュフロー表とは、家計の未来予想図です。
マイホーム購入後の家計がどうなるのか、預金残高がどう推移するのかを把握できます。

キャッシュフロー表を作成し、マイホーム購入後の家計や預金残高に問題がないかをチェックします。
そうすることで適切なマイホーム購入予算がわかり、住宅ローン借り過ぎ状態を防ぐこともできます。
将来、住宅ローン返済に困ったり、せっかく建てた家を失うことを防ぎたいなら必ずキャッシュフロー表を作成しましょう!

大分県で住宅の住宅新築相談なら 大分市にある おうちの相談窓口 大分店まで!
資金融資の相談から建築会社選びまで 新築一戸建てのご相談ならまずは「おうちの相談窓口 大分店」にどうぞ
貴方のご希望に沿った戸建て住宅の建築に関するお手伝いをいたします
大分県 大分市の住宅新築に役立つ情報が盛りだくさん
マイホーム・戸建て住宅新築のことなら「おうちの相談窓口 大分店」にお任せください


おうちの相談窓口 Facebookページ



2016.03.16 : おうちが出来るまでにやること ~第03話

おうちが出来るまでにやること ~第03話

住宅ローンの借入額を決定するときは、月々の支払いを考えがち。
しかし、借入額は家の購入に充てることの出来るお金が全部でいくらかを考えるべきです。
なぜなら、月々の返済額では適切な予算の計算ができないからです。

例えば、「今の家賃が6万円だから8万円なら支払える」と考え、借入額を決定したとしましょう。
8万円を支払いながら教育費や車の買替え、固定資産税、生活費などを支払って老後にいくらのお金が残りますか?
年金の不安がある中で、老後にある程度の貯蓄を残しておくことは非常に重要です。
つまり、老後に十分なお金を残すことができる範囲を考えて、家の購入に充てるお金を考えなければいけません。

仮に、老後に残したい金額から逆算した家の購入に回せる予算が3,000万円だったとします。
ここで予算3,000万円から諸費用を300万円引いたら2,700万円。
住宅ローンの借入額は2,700万円までなら大丈夫だとと考えてはいけません。

重要なのが住宅ローン利息です。住宅ローンの借入額を2,700万円にしてしまうと、
金利2%、30年返済の場合、利息を含めた総返済額は約3,600万円になります(以下同条件)。
これでは住宅に回せる全体の予算が3,000万円なのに、住宅ローンだけで3,600万円支払うことになり予算オーバーです。
そうなると、住宅ローン返済に困ったり、将来へ貯蓄が十分にできないという事態を招いてしまいます。

全体の予算から住宅ローンの借入額を決定するときは、住宅ローン利息も含めて考えないといけません。
今回の例では、住宅ローン利息を含めて2,700万円という計算になるので、住宅ローンの借入額は2,000万円程度に抑える必要があります。

そして準備できる頭金の金額で最終的な住宅ローンの借入額を計算します。
予算3,000万、諸費用300万、頭金200万の場合、住宅ローンの借入額が1,875万円までなら予算内に収まります。

人生全体から家の購入に回せる予算を計算すれば、住宅ローン返済に困ったり、老後に十分な貯蓄できなくなることを防ぐことができます。

大分県で住宅の住宅新築相談なら 大分市にある おうちの相談窓口 大分店まで!
資金融資の相談から建築会社選びまで 新築一戸建てのご相談ならまずは「おうちの相談窓口 大分店」にどうぞ
貴方のご希望に沿った戸建て住宅の建築に関するお手伝いをいたします
大分県 大分市の住宅新築に役立つ情報が盛りだくさん
マイホーム・戸建て住宅新築のことなら「おうちの相談窓口 大分店」にお任せください


おうちの相談窓口 Facebookページ



2016.03.15 : おうちが出来るまでにやること ~第02話

おうちが出来るまでにやること ~第02話

「マイホームを建てる」というと、建物や土地の価格に目が行きがちです。
しかし、建物や土地以外にも様々な諸費用がかかることを忘れてはいけません。

なぜなら、諸費用を忘れていると予算オーバー、すなわち住宅ローンの借り過ぎ状態を招いてしまいます。
仮に、収入などから計算した適正なマイホーム購入予算が3,000万円だったとします。
諸費用は一般的に購入価格の8%~10%程度かかると言われています。
購入価格が3,000万円の場合240万円~300万円ほどです。
つまり、3,000万円の予算を建物と土地にしか振り分けていないと、実際に支払いは3,240万~3,300万円となり、予算オーバーしてしまいます。

さらには、目に見えない諸費用というものもあります。
たとえば、引っ越し代。
住宅購入に直接関係はありませんが、以外と大きな出費になります。
新居には新しい家具や家電が欲しくなるものです。
50万、100万円単位になる家具家電の購入費も忘れてはいけません。

住宅ローンの借り過ぎ状態は、せっかく建てた家を失うことになります。
予算を算出したら、まずは諸費用を考慮しましょう。

大分県で住宅の住宅新築相談なら 大分市にある おうちの相談窓口 大分店まで!
資金融資の相談から建築会社選びまで 新築一戸建てのご相談ならまずは「おうちの相談窓口 大分店」にどうぞ
貴方のご希望に沿った戸建て住宅の建築に関するお手伝いをいたします
大分県 大分市の住宅新築に役立つ情報が盛りだくさん
マイホーム・戸建て住宅新築のことなら「おうちの相談窓口 大分店」にお任せください


おうちの相談窓口 Facebookページ



2016.03.14 : おうちが出来るまでにやること ~第01話

家を建てようと思った時、最初にやらなければいけないのは何でしょう?
不動産業者や住宅展示場へ足を運んでみるという人が多いのではないでしょうか?

しかし、これはよくありません。
なぜなら、
1.将来住宅ローン返済に困ってしまう
2.予算が決まっていない
からです。
予算を決めないまま物件選びをしてしまうと、どうしてもよりいい建物、よりいい土地に目が行きがちです。

せっかくいい物件を見つけても、あなたの支払える金額を超えていたとしたらどうなりますか?
どれだけ良い土地を購入しても、どれだけ立派な建物を建てても、お金が支払い不可能になってしまえば全部失ってしまうことになります。

そのため、マイホーム購入を考えた時にまず行うことは、マイホーム購入予算を考えることです。
予め予算を決めておけば、将来住宅ローン返済に困るというリスクを大幅に減らすことができます。
また、予算を決めるとマイホーム購入までの時間が早くなります。
予算が決まっていると「この金額まで!」という判断基準をしっかり持つことができるからです。
「マイホームはそうしょっちゅう買い替えたりできず、数十年以上生活するものだから」と考て、思い切る気持ちはわかります。
しかし、マイホーム購入するまでが人生ではなく、購入した後の人生のほうが長いんです。
その長い人生を住宅ローンで台無しにしてしまわないために、まず予算についてしっかり考えましょう。

大分県で住宅の新築相談なら 大分市にある おうちの相談窓口 大分店まで!
資金融資の相談から建築会社選びまで 新築一戸建てのご相談ならまずは「おうちの相談窓口 大分店」にどうぞ
貴方のご希望に沿った戸建て住宅の建築に関するお手伝いをいたします
大分県 大分市の住宅新築に役立つ情報が盛りだくさん
マイホーム・戸建て住宅新築のことなら「おうちの相談窓口 大分店」にお任せください


おうちの相談窓口 Facebookページ



1 105 106 107 108 109

 

  • Line@登録

    友達追加
    セミナー情報やお得な情報をいち早くGET!
    無料相談やセミナー予約も出来る便利なLine@を追加してみませんか?
    友達追加は上のボタンをクリックするだけ!
    ※Lineインストール済のiPhoneやスマートフォンから上のボタンをタップして表示される画面で「友達リストに追加」をタップしてください
    ※PCからの場合は上のボタンをクリックして表示されるQRコードをiPhoneまたはスマートフォンで読み取って「友達リストに追加」をタップしてください
  • 無料個別相談予約

  • 無料セミナー予約

  • 提携優良工務店・お家づくりアドバイザー紹介

  • リンク集

  • Facebook

PAGE TOP ↑
個別相談資料請求電話問い合せ