おうちが出来るまでにやること ~第160話

家を建てるために土地を買うとき、また中古住宅や建売住宅を買うときもそうですが、買おうとする土地や住宅が擁壁に接する場合、「この擁壁は大丈夫かなぁ」と心配することがあります。

擁壁とは、隣地との境界付近に段差があるときに築造されるもので、高い位置にある土が低い方へ崩れていく力を抑えるためのものです。

なぜ、段差が小さなもの(高さの低い擁壁)のリスクが高いのでしょうか?
それは法規制の問題です。
擁壁の高さが2メートルを超えるならば、建築基準法によって建築確認申請が必要だとされています。
その擁壁の構造面を建築確認によって確認するわけです。
逆に言えば、2メートル未満の擁壁であれば建築確認申請が不要であるわけですから、これにより造成者による手抜きが行われる可能性が高まるわけです。
規制のある高さ2メートル超の擁壁より、規制のない高さ2メートル以下の擁壁の方にこそリスクがあると考えることができるのです。
住宅街で擁壁を見ていくと、2メートル未満の擁壁も多いですが、コンクリートブロックで構築されたものを見かけるときがあります。
コンクリートブロックに土の圧力を支えてもらうのは、危険だと考えるのが一般的です。

大分県で一戸建て住宅の新築相談なら 大分市にある おうちの相談窓口 大分店まで!
資金融資の相談から建築会社選びまで 新築一戸建てのご相談ならまずは「おうちの相談窓口 大分店」にどうぞ
貴方のご希望に沿った新築一戸建に関するお手伝いをいたします
大分県 大分市の住宅新築に役立つ情報が盛りだくさん
マイホーム・戸建て住宅新築のことなら「おうちの相談窓口 大分店」にお任せください

  • Line@登録

    友達追加
    セミナー情報やお得な情報をいち早くGET!
    無料相談やセミナー予約も出来る便利なLine@を追加してみませんか?
    友達追加は上のボタンをクリックするだけ!
    ※Lineインストール済のiPhoneやスマートフォンから上のボタンをタップして表示される画面で「友達リストに追加」をタップしてください
    ※PCからの場合は上のボタンをクリックして表示されるQRコードをiPhoneまたはスマートフォンで読み取って「友達リストに追加」をタップしてください
  • 無料個別相談予約

  • 無料セミナー予約

  • 提携優良工務店・お家づくりアドバイザー紹介

  • リンク集

  • Facebook

PAGE TOP ↑
個別相談資料請求電話問い合せ